実践!ニートを辞めて就職するナビ

*

電話への苦手意識をどう克服するか

   

電話が苦手な理由を考えてみよう

 ニートだったあなたが、就職を果たせたのは、努力の賜物です。本当にすばらしいことだと思います。ですが、限られた人物としかコミュニケーションしてこない時期が長ければ長いほど、対面での会話は何とかなっても、電話に対する苦手意識を持つひとが多いのは、予想できることです。

 とはいえ、新入社員の仕事の一つに、電話応対があります。会社への電話は、2回以上鳴らさないことがマナーですので、電話に対する苦手意識を持っているからといって、避けて通るわけにもいかないのです。

 まず、自分はなぜ電話が苦手なのかを、考えてみましょう。見知らぬひととコミュニケーションするのが苦手なのか、電話応対に自信がないのか、敬語を上手に使えないのかなど、原因がわかれば対処法を考えることができます。

 自分なりに原因を考え、それを克服するにはどうしたらよいのかを、考えることから始めましょう。

まずはマニュアルを作成し実践してみよう

 電話応対にはマナーが必要ですので、基本のマニュアルを作成するのは、それほど難しいことではありません。新入社員向けのビジネスマナー本などに、電話応対の方法が記載されていますので、それをベースに自分用のマニュアルを作成すればよいのです。

 電話応対の基本は、社名を名乗ること、誰から誰宛の電話なのかを確認すること、電話を回したい相手が不在だった場合の対応を確認することだけです。

 すぐに連絡をつけて折り返し電話をしなければならないのか、戻ってからの連絡でよいのか、電話があったことを伝えればいいのかを、確実にヒアリングすることで、トラブルの大半は回避できます。

 電話応対は習うより慣れろが基本なので、積極的にとるように意識してください。

 - 内定から入社まで

  関連記事

業界予習をしよう!

業界予習の仕方  業界予習は、転職前にとても大切な時間になります。事実、就職活動 …

no image
挨拶状は絶対必要?役割と書き方

面接を受けたすべての会社に挨拶状は送らないといけない?  面接後には挨拶状を送る …

内定後の過ごし方

サポートしてくれた人にお礼をする  ニートでの仕事探しとなると、誰かしらの手を頼 …

gf0110046094l
入社前に確認すること

①入社前に確認しておくべきこととは?  ニートをしていた方が入社までにこぎつけた …

no image
内定通知の対応方法

①内定通知はいつ来るのか?  就職活動で面接まで行くことができたら、もちろん結果 …

入社手続きについて

サインは慎重に行う事  企業によっては、内定が決定した後に内定証明書を送ってきま …