実践!ニートを辞めて就職するナビ

*

求人媒体の種類と活用法とは?

   

求人媒体の種類



・求人サイト・・・インターネットで検索すれば無数に出てきます。求人の検索、応募を全て自分で行うタイプを求人サイト、専任の担当者が企業の紹介やサポートをしてくれるタイプを転職エージェントと呼びます。2つのタイプに別れていますので自分の就職活動に合うタイプをまずは選びましょう。



 正社員専門サイトと、派遣専門、アルバイト情報専門、また在宅ワーク専門等、今は求人サイトも趣旨によって多様です。自分の“やってみたい!”と思える仕事がたくさん載っていそうな求人サイトを見つけたら、とりあえず登録して、よさそうな案件にはエントリーフォームから積極的に申し込んでみましょう。まずエントリーしてみなくては何もはじまりません。



・ハローワーク・・・ニート歴の長い人であれば、ハローワークに行ったことのない人はいないかもしれませんが、ハローワークも今は求職者の事情によって場所や窓口が多様化していて、地域によってはニートの男女のための模擬面接や就労支援に力を入れているところもあります。



・新聞・・・折り込みチラシは要チェックです。近所の未経験可のお仕事が多いので、自分にも出来そうだと感じたら面接を申し込んでみましょう。



・フリーペーパーやタウン情報誌・・・必ずしも求人情報が載っているわけではありませんが、たまに載っていることがあります。



・求人誌・・・コンビニのラックなどに置いてあり無料です。



それぞれの求人媒体のよい活用法とは?



・求人サイト・・・登録しておけば、面接の申し込みがエントリーフォームから一括で出来ますし、電話をかけなくても面接の日取りなどがメールで連絡がある会社も多いですからニートの男女にとっては敷居が低いでしょう。



・ハローワーク・・・窓口で相談できますし、定期的に通っていれば、無料職業訓練など情報がキャッチしやすくなります。近所の求人案件が豊富にありますし、役所の緊急雇用対策事業求人などは集団が苦手なニートの男女でも働きやすい部類のお仕事です。



・新聞・・・新聞社の公式サイトをチェックすると、紙媒体で掲載されていた求人情報がさらに詳細に載っていて、最近ではサイトから直接エントリーできるようになっているシステムのところも多いです。



・フリーペーパーやタウン情報誌・・・小さい会社がアシスタント的なお仕事を募集しているときがあります。「花屋」とか「カメラマン助手」とかそういう変わった仕事内容に惹かれる人は要チェックです。



・求人誌・・・大量採用系の募集が多いので採用されやすいです。

 - 求人情報

  関連記事

良い求人をみつけよう

やりたいことと合っていること  いい求人というのは、自分のやりたいことと合ってい …

転職サイトのスカウト機能について

転職サイトとスカウト機能について  転職サイトを利用するのでしたら、スカウト機能 …

no image
求人サイト活用のメリットと注意点

1.求人サイトを活用しよう!そのメリットとは?  ニートは、就職活動に多くの時間 …

求人情報媒体について

無料求人情報を使う  現在、無料の求人情報にも有効的な情報が沢山あります。ニート …

no image
求人募集要項のチェックすべきポイント

①求人情報の募集要項を読みとくコツとは?  ニートが就職活動を始めようと思うなら …