実践!ニートを辞めて就職するナビ

*

夢中になれる仕事を探そう

   

1.やりたいこと・夢中になれることの探し方とは?

 やりたいことがないからニートをしている、でも就職した方がいいに決まっているから就活を始める。今の日本にはこういった若い人が多くいると思いますが、しかしいざそう思ったとしても、やりたいことや夢中になれることすら見つからない人も相当数いるようです。まずは好きなことや興味のあることをピックアップしてみましょう。仕事になるとは思っていなくても、好きなことくらいはあるはずで、それに関する職種も意外とあり、さらに頻繁に求人を出しているなんてことも珍しくはありません。知らない世界も積極的に覗いてみましょう。世の中の多くの人は世の中のことをほとんど知りません。ニートであればなおさらそれが顕著なため、やりたいことや夢中になれることにただ出会ってないだけとも考えられます。新聞や雑誌を読む、ネットサーフィンをする、人と会って話す、テレビを見る、ボランティアに参加するなど、視野や知識を広げることで目標を見つけられる人も多いはずです。嫌いなことをピックアップしてみるのもひとつの方法。それを避けていけば、やりがいのある仕事やモノに出会えるかもしれません。全ての方法に共通しているのは、自分との対話です。自分自身と向き合うことなくして、やりたいこと・夢中になれることは見つかりません。就職というものを働くことと直結せずに考えることで、少しは気軽に興味のある分野を探せるのではないでしょうか。これもひとつのコツとなるでしょう。

2.やりたいこと・夢中になれることを仕事にするために必要なこととは?

 やりたいことや夢中になれることが何となく見出せたら、今度はそれを仕事にすることを考えなければなりません。しかしこれは少し難しい作業となるでしょう。もし自分の興味を持ったことが仕事として成り立つ、そういった求人情報が容易に見つかるのであれば、すぐさま就職活動に取り組み始めて問題ありません。もし直接的な求人がないようなことに興味を持ったのであれば、それに関連する職種をピックアップしてみましょう。例えば、漫画が好きであれば出版社や印刷業界、さらには漫画をゲーム化している企業もありますし、フィギュアなどのグッズ製作会社も視野に入ってくるのではないでしょうか。そうやって視野を広げることで、自然とやりたいことを仕事に繋げることができるかもしれません。あとは何と言っても積極性。ニートは腰が重い。でもそれではいつまで経っても就職なんて出来ません。夢中になれそうなことの断片でも手に入れられれば、それが仕事にならないかを必死で考え、そして外の世界に飛び出すなど積極的に動いてみることが必要になってくるのです。

 - 就活を始める前に

  関連記事

目的を明確にしよう!

目的をはっきりさせること  ニートで仕事を探すのであれば、自分の目的をはっきりさ …

WS000056
就活成功の鍵

①就活を成功させるためのポイントとは?  ニートと言っても色々な人がいるでしょう …

求人でよく目にする試用期間|これを知らないまま就職するのは危険?

試用期間の解釈とは  求人に目を通して仕事を探していれば、もはや取り入れていない …

就職活動の流れを把握する

どれくらいの期間がかかるもの?  ニートでの転職活動をしようと思っている人は、活 …

xf0635088690l
就活で成功する人と失敗する人の特徴

1.ニートから就活で成功する人の3つの特徴  ニートからでも就職活動で成功する人 …

計画をたてよう!

どうなりたいのかを考える  ニートで就職したいと思っている人は、今の生活をダメだ …