実践!ニートを辞めて就職するナビ

*

ニート脱出して就職するための5つの流れ

 就職を実現させるために必要なこととは何でしょう?いろいろとありますが、就職活動を始めなければ話になりません。

 それを始めるために、そして、できるだけ無駄なく進めていくために最低限必要なことだけは知っておくべきです。それだけでも結果は変わってくるでしょう。

就職活動をする上で知っておきたいこと

 知らないことを知る。これは就職活動を始めるために絶対に必要なこと。自分の意識や興味が向いている方向や、気になる職種や業界のことも知っておきましょう。

 就職の流れを知り、どれだけの期間を要するものなのかも知っていなければなりません。

【参考記事】
計画をたてよう!
目的を明確にしよう!
就職活動の流れを把握する
求人でよく目にする試用期間|これを知らないまま就職するのは危険?

求人情報をスムーズに入手するために

 求人情報が得られる媒体、この情報をまずは仕入れたいところ。たくさんあり過ぎる媒体を絞ることで、求人情報収集に集中することができます。

 どのような求人に狙いを定めるのかもあらかじめ決めておくと仕事探しがスムーズに進んでいくでしょう。

【参考記事】
求人情報媒体について
良い求人をみつけよう
転職サイトのスカウト機能について

小さなことの積み重ねで書き上げていく履歴書

 ニートの人の応募書類は内容が薄くなりがち。書くことが見つからないかもしれませんが、そこは頑張って自分の長所や魅力を絞り出しましょう。写真にこだわる、できるだけ漢字を使う。

 これだけでも履歴書の印象は変わってきます。細かい配慮の積み重ねでアピールすることも忘れずに。

【参考記事】
履歴書の書き方について
履歴書や職務経歴書で悩んだ時の解決方法
履歴書の学歴について

どんな質問にも対応するための対策を

 予想される質問に対しての答えはもちろん、どのような質問が飛んできても対応できるよう対策をしておきましょう。

 簡単なことではありませんが、自分のことを知り、企業のことも知り、さらに働くことの意味や意義を知っていれば、大抵の質問には対応できるはずです。

【参考記事】
面接でのマナーを身に付けよう!
面接で聞かれることやよくある質問など
面接の服装について

入社準備はお早めに

 ニートの人の入社準備はなかなか大変なものがあるかもしれません。スーツなどの服装の用意、生活リズムの調整、会社との手続きなど、やらなければならないことは盛りだくさん。

 入社直前で焦らないよう、できるだけ早めに取りかかり、万全な入社準備を整えておかなければなりません。

【参考記事】
入社手続きについて
業界予習をしよう!
内定後の過ごし方

公開日:
最終更新日:2015/09/10