実践!ニートを辞めて就職するナビ

*

ニートの就職準備の基本

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 職務経歴書の書き方など会員限定のコンテンツ満載
  • いろいろな検索方法で希望の求人が見つけやすい
  • ニートの方向けの未経験可や学歴不問求人も多数掲載
  • 利用者の声
    良かった
    正社員で働きたかったので、リクナビNEXTに登録。今までわずかな期間のアルバイトしか経験が無く、職歴が無いのは大変心配でした。それでもめげずに幾つも応募しているうち何軒か面接ができて、ある会社から採用のお返事が頂けました。自分でも考えなかったような就職で、今は喜びと驚きが一緒に来た状態です。(20代 男性)
    良かった
    今までは働くことに慣れてないというか、遠ざかってしまっていましたが、本格的に仕事がしたいと思いリクナビNEXTに登録しました。自分にできそうな仕事を片端から沢山応募して、現在の職に就きました。今、自分の将来に夢ができ、良かったと思っています。(20代 男性)
    良かった
    生活上、何としてでも職探しをしなくてはいけなくなり、検索で見つけたリクナビNEXTに登録しました。求人数が多くて、とにかく当たって砕けろという感じでした。そして、応募した会社の中の一社で今まで職歴のなかった私を雇って頂きました。有り難かったです。今後はしっかりと働くつもりでいます。(20代 女性)
    普通
    私は今まで働いた経験が無く、本当は少し怖い気持ちもあったのですが、それでも頑張ってどこかで働こうと決心しました。でも外で探せなくて、ネット検索でリクナビを見て応募しました。求人数が多いので割と沢山応募できるので助かっています。(20代 女性)
    普通
    正社員として働けることを願ってリクナビNEXTに登録しました。全く職歴がないのですが未経験OKの会社も多くて期待がもてます。早くいい会社を見つけようと思います。(20代 男性)


    1.就職活動の基本を理解しよう!


     ニートが就職を目指して活動を始めたとき、第一関門になるのが、書類選考です。企業に送る応募書類の書き方一つで、面接に進めずにふるい落とされてしまいます。そこで今回は、ニートのみなさんに知っておいてほしい、履歴書の書き方についてまとめてみたいと思います。


    2.覚えておきたい!履歴書のいろは

     履歴書を書くためには、事前の準備が大切です。

    ★ここがポイント!
    ・市販の履歴書を用意する
    ・証明写真を撮る
    ・学歴や職歴を整理する
    ・志望動機を考える
    ・下書きをする
    ・清書する

     ニートはフリーターのように、履歴書を書きなれていないものです。段階を踏んで、しっかり準備するようにしましょう。


    3.履歴書の写真は重要!

     履歴書の写真は、企業のあなたへの第一印象を決定づける、大切なものです。スーツもしくは就職試験にふさわしい洋服で、髪もきちんとセットして、写真撮影に臨むのが原則です。できれば、写真屋さんで証明写真を撮影してもらう方が、表情のアドバイスなどがもらえてよいと思います。


    4.履歴書に下書きが必要な理由

     履歴書で誤字脱字があったり、学歴や職歴の年数が不整合だった時点で、企業の採用担当者は応募者を「だらしがない人」とみなします。また、経歴にブランク期間があるニートは、それだけで不利になる面もありますので、マニュアル通りの通りいっぺんな履歴書の書き方では、何のアピールもできません。きちんと下書きをすることで、そうしたケアレスミスを防ぐことができます。またニートが応募書類を作成する際には、ブランク期間をどう説明するのか、志望動機と自分の思いをどう重ねるのかをしっかり考えることが何よりも大切です。しっかり考えて、応募書類に反映しましょう。

    履歴書を見直す習慣をつけよう!

     自分なりにしっかり努力をしたつもりでも、不採用通知とともに履歴書が返送されてくることもあると思います。ニートの採用枠があるわけではありませんから、フリーターや転職希望者と同じ土俵で勝負すると考えれば、就職がそう簡単ではないことは、理解できると思います。だからこそ、返送されてきた履歴書は保管し、改善点がないかどうかをその都度確認する習慣をつけることをおすすめします。めげずに、就職活動を続けてください。

    公開日:
    最終更新日:2015/02/03